人命を守る重要な連結送水管 だから、
プロフェッショナル集団による適正確実な点検をご提供!

連結送水管の設置後、10年を経過したものにつき3年毎に点検実施が必要です

※当社は連結送水管の耐圧性能点検について、東京消防庁ならびに各地方消防署からの技術指導の下、点検実施要領に基づき適正な点検を実施しています。

消防用ホースの耐圧点検

消防用ホースの点検(ホース耐圧)

消防用ホースについては設置(製造年)後、10年を経過したものにつき、機器点検時にホースの端末部に所定の水圧をかけて漏水しないことを確認します。
その後は、3年毎に実施のうえ、消防署へ報告することが義務づけられています。

※易操作性1号消火栓及び2号消火栓の “保形ホース” は除きます。

ホース耐圧点検 要領

【点検時期】

ホース製造年から、10年が経過したものにつき、3年毎に点検を実施。

※管轄の消防署に点検結果報告書の提出が義務付けられています。

【点検基準(方法)】

耐圧試験機等により、ホースの端末部に充水し、所定の水圧を5分間かけて確認する。

※試験圧力はホース使用圧力とする。

【判断基準】

変形・損傷等がなく、ホース及び金具との接続部から著しい漏水がないこと。

※著しい漏水とは、噴水上の漏水または、継続する滴下が生じる状態を目安にすること。

ホース耐圧点検 実施
ホース耐圧作業
  • ホース耐圧作業
  • ホース耐圧作業
  • ホース耐圧作業

建物関係者(点検会社等を含む)立会いのもと、消火栓配置図等と照合し、設置位置等を把握・確認のうえ、消火栓格納箱からホース結合金具部分を取り出し、ホース耐圧試験機にセットし、ホース使用圧まで徐々に加圧し漏水等異常の有無を確認します。

作業終了後、点検済みシールの発行(格納箱の扉内側に貼付)を行います。

消防用ホースの交換

消防用ホースを新たに交換した場合は、取換え(ホース製造年)後、10年間は耐圧性能試験が免除となります。
当社ではホース交換などのご相談も承ります。
お気軽にご相談ください。

関連オプション

・写真撮影
・点検票の作成
・点検票の消防提出
・空気圧試験(エアテスト)
・放水 など

ページトップへ
MENU
MENU